とまこまい医療介護連携センターとは

在宅医療・介護連携推進事業

 医療と介護の両方を必要とする方々が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けていくためには、地域の医療機関・介護事業所等が連携して、包括的かつ継続的にサービスを提供することが重要です。
 在宅医療・介護連携推進事業では、以下の8個の取組みを実施することで、医療機関と介護事業所等の連携を推進します。

(在宅医療・介護連携推進事業)

  1. 地域の医療・介護の資源の把握
  2. 在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討
  3. 切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築推進
  4. 医療・介護関係者の情報共有の支援
  5. 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  6. 医療・介護関係者の研修
  7. 地域住民への普及啓発
  8. 在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携