とまこまい医療介護連携センターとは

 日本では総人口が減少傾向にある中、高齢者人口が増加しており、本格的な超高齢化を迎えています。苫小牧市も今後更なる高齢化と、それに伴う医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者の増加が見込まれています。こうした高齢者が、いつまでも住み慣れた地域で自分らしく暮していけるよう、地域の医療と介護の連携を推進するためのコーディネート拠点として「とまこまい医療介護連携センター」が設立されました。このセンターは、苫小牧市医師会の協力のもと苫小牧保健センターが苫小牧市から委託を受けて、2017年4月に医師会館内でスタートすることとなりました。医師会館には医師会・歯科医師会・薬剤師会の事務局が併設されており三師会と連携を図っています。
 当センターでは、医療と介護をつなぐコーディネーターとして、医療・介護に関する相談窓口をはじめ、地域の医療・介護資源情報の提供、在宅医療・介護に関する研修会の開催など在宅療養環境のサポートを行ってまいります。是非ご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ワンストップサービスをめざして連携強化!